パス抜きされないために・もしされてしまったら

パス抜きは【不正アクセス禁止法違反】という犯罪です。このサイトではセキュリティの大切さを訴えています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

パス抜きをされてしまったら先ずすること 

不幸にも不正アクセスされてしまった場合

色々な意味での被害の拡大を防ぐために
行ったほうがいいことを書いていきます。


可能ならNEXONPASS・エントリーPASS・秘密の質問・その答えを書き換える

犯人に再度ログインされないように変更できるものはすべて書き換えましょう。
NEXONの公式ページやエントリー画面から変更ができます。


ゲーム内になるべく広く
自分のキャラが不正アクセスされたことを伝えましょう。


過去不正アクセスの二次的被害として

 キャラを操作している人物がパス抜き犯人と知らず友達だと思って
 ・高価なアイテムやゲーム内通貨を貸してしまった。
 ・先渡しでウェブマネー取引をしてしまった。
 ・雑談の中で巧みに聞きだされ自分の個人情報を教えてしまった。
  などがあります。

また、ゲーム内で信用のあるキャラクターの場合
ウェブマネー取引詐欺として悪用される可能性も高いため
ブログ記事で知らせたり、
全体的にINの多い時間に拡声器で自分が不正アクセスされたことを
なるべく広く訴えることで二次的被害の発生を減らすことが出来ます。

パス抜きをされたことはとても辛く、悲しいことです。
そのことを知った周りの友達もとても悲しい気持ちになります。
しかし、知らせるのが遅かったことで自分のキャラを使った被害が出てしまうことは筆舌に尽くせない辛さです。
どうか、ひと頑張り。


もしも犯人と交渉する機会があったとして
IDやPASSの返還・アイテムやゲーム内通貨の返還を要求してみるのであれば、それなりの話術が必要になってきます。
「かえして~」と言ってIDとPASSを返してくるくらいなら初めからパス抜きなどしないでしょう。

あくまでも冷静に。

「こちらは不正アクセスに対処するサイトを知っていて、
警察と運営会社と協力して君個人がどこの誰か特定できる。」

「これは間違いなく犯罪で、僕は泣き寝入りするつもりがない。」

「しかしすべて元通りにいますぐ返却するというのならなかったことにしてやっても構わない」

「いますぐ返却されなくても警察と運営会社を経由して君に前科がついて結局はなにもかも戻ってくるから、僕は君のためにいってるんだがどうする?」

この程度の余裕は見せたいものですね。

幸いにID・PASSやアイテムなどが戻ってきた場合でも
PASS・秘密の質問・その答え、この3つはそのあと必ず変更し、
アイテムやゲーム内通貨は一番信用の置ける人に預けましょう。

そしてそのあとは警察に行きましょう。



警察に提出できるSSを撮影する

もしこんな場面をSSで撮影する機会があったら
・犯人から自分に発言があった場合のログ
・自分のアイテムを別のキャラに移動されていた現場
・MTSや露店で勝手に売られている現場
・上記で書いたような二次被害があった場合証拠になるようなもの
・装備・アイテム・ポイント・キャラデータで被害があった場合の
 装備欄やキャラ選択画面など

ほかにも状況によって必要と判断したSSは
すべて警察に提出したほうが良いでしょう。
パス抜きした犯人だけでなくアイテム移動や販売を手伝った人も
不正アクセス禁止法違反補助として罰せられます。
ただ、自分の大事にしていたキャラやアイテムが勝手に操作されている現場を見ることはつらいものです。
SSを撮る役をしてくれる友達がいたらお願いしてみてもいいかもしれません。
また、被害にあった友達が知らないところで
証拠になりそうな場面に遭遇したら
是非SSを撮っておいてあげてください。




そしてここからはパソコン機器関連の作業です。

私はこのあたりの知識がなかったために
感染していたウィルスを駆除ソフトで消してしまい
さらにその作業履歴も消してしまったため
警察の調査の手を非常に煩わせてしまったのです…


不正アクセス発生前後のログやファイルの適切な保存をする。


警察の専門家によるパソコン内部の解析により、
侵入の手口、侵入経路等に関する情報を入手できる場合が多いので、
可能な限り情報の保全に努めましょう。

・重要な設定ファイル(パスワード、アクセスコントロール等)
・OS等から出力されるログ(通信ログ、ログインログ)
・アプリケーションサーバログ(WWW、DNS、FTP等)
・ファイアウォール関連ログ
・IDS関連ログ    



被害の拡大を防ぐためにパソコンをネットワークから切り離す

つまり回線を引き抜くということです。
その後、できるだけ現状を保持するよう考慮しながらシャットダウンしてください。リブート、バックアップデータによる復旧作業等は行わないほうが良いそうです。
   
申し訳ないのですがこのあたりも私はそこまで詳しくわかりません。
被害に遭ったあとパソコンで何か操作をしたい場合は必ず警察に相談することがベターだと思います。

 


 
スポンサーサイト
[ 2007/03/10 05:20 ] パス抜きをされた場合先ず | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

HUR

Author:HUR

コンピュータウィルスによるID・PW盗難の被害に遭い、セキュリティソフトの大切さや自己防衛の方法を学びました。
自分の得た知識がどなたかの役に立てばと思いここにまとめました。

当サイトはリンクフリーです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。